店主はランナー   若山 太郎
なんと!世界遺産マラソン 雑感 (まるとし店主ブログより)
 
 
その1: なんと!世界遺産マラソン。           http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/day-20130910.html
 
その2: ランニング練習再開。               http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/day-20130919.html
 
その3: 当選。                        http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/day-20130921.html
 
その4: いよいよ明日。                   http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/day-20130928.html
 
その5: 速報。                        http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/day-20130930.html
 
その6: 大会雑感 その1 レベルが違うライバル?。 http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/day-20131001.html
 
その7: 大会雑感 その2 自然を楽しむ。       http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/day-20131002.html
 
その8: 大会雑感 その3 なんとのおもてなし。    http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/day-20131003.html
 
その9: 大会雑感 ファイナル 温泉と食と人情。   http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/day-20131005.html
 
その10: best shot .                     http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/day-20131019.html
 
 
今振り返ると、今年前半のマラソン大会は、6月23日の「第30回富里スイカロードレース」の大会以来の出場になりますが、その前の6月1日の「東京・柴又100K」の60キロの部を走り切ったことが、1番の高いハードルでした。
 
今年の秋は、10月13日の国立競技場発着の、第14回東京夢舞いマラソン、11月24日の昨年も走った、第2回富士山マラソンと、フルマラソン2大会の出場を控え、今年後半は、今月のこの大会と11月の富士山マラソンと、
同じ年に、世界遺産の地を2ヵ所も走れるのは、2度とないと思っています。
 
僕のブログを長く読んで下さっている方は、ご存知だと思いますが、この南砺市には、3年前の夏に、打ち水の講演会に、2度頼まれて訪れた思い出の地。
 
関係者の方とは、再訪を約束していて、いつか、この地で、マラソン大会が行われる時がその時だと、切望していました。
 

当日は、南砺市の風景、食、伝統文化を楽しめる、おもてなし満載の歩いても、立ち止まっても、楽しいコース。

 

計測はなく、一部、かなりアップダウンはありましたが、この距離での、3時間の制限時間は、大会主催者の南砺市の方々にとって、それだけ景色が綺麗で、その景観を、走りながらランナーが楽しめることの自信の表れだと思います。

 

とにかく、「なんと!世界遺産マラソン」は、歴史の残る、素晴らしい大会でした。

 

日本が誇る、世界文化遺産のある富山県南砺市に、自分のランロードの足跡を残せて、とても光栄な気持ちでおります。