店主はランナー   若山 太郎
第14回東京夢舞いマラソン 雑感 (まるとし店主ブログより)
 
 
その1: 第14回東京夢舞いマラソン.。          http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/day-20130702.html
 
その2: Congratulations! TOKYO 2020。        http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/day-20130908.html
 
その3: スポーツの秋から冬へ 2013。        http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/day-20131006.html  
 
その4: 速報。                        http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/day-20131013.html
 
その5: 大会雑感 その1 感謝。            http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/day-20131014.html
 
その6: 大会雑感 その2  願いは叶う。        http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/day-20131015.html
 
その7: 大会雑感 その3 教訓。            http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/day-20131016.html
 
その8: 大会雑感 ファイナル 粋なおもてなし     http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/day-20131017.html
 
その9: spin-off.                       http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/day-20131021.html
 
その10: 日々の積み重ね。                http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/day-20131022.html
 
 
2020年の東京オリンピックが決まり、国立競技場発着の、第14回東京夢舞いマラソンに出場、歴史ある今の国立競技場のトラックを、フルマラソンのコースとして、最後に走れる唯一のチャンスをいただき、光栄でした。
 
東京夢舞いマラソンは、東京マラソンの先駆けの大会、「銀座を走ろう3万人で」と、新世紀初日の2001年元旦、世界基準に拮抗する日本の開かれた首都マラソン開催をいち早く満天下に呼びかけ、2007年の東京マラソン実現に道を開いた大会。
 
 
コースは、 国立競技場(スタート)⇒絵画館⇒青山通り⇒最高裁判所⇒国会議事堂⇒日比谷公園⇒みゆき通り⇒歌舞伎座⇒築地市場⇒月島(もんじゃ通り)⇒晴海大橋⇒東京ゲートブリッジ⇒三つ目通り⇒木場公園⇒亀戸香取神社(勝運商店街)
⇒東京スカイツリー(おしなり商店街)⇒靖国通り⇒神保町⇒靖国神社⇒神楽坂(商店街)⇒早稲田通り⇒新宿御苑正門⇒国立競技場(フィニッシュ)。
 
このように、今年のコースは国立競技場から都心官公庁街を駆け抜けブランド店が並ぶ繁華街、東京の台所を過ぎると粋な下町商店街へ。

そして、恒例となった東京スカイツリーを見上げながら方向を変えて今度は商人を支える問屋街から古書店、江戸時代からの住宅地へと走り最後は東京オリンピックのシンボルで来年取り壊されてしまう国立競技場に戻りフィニッシュ。

 

計測はなく、道路の通行止めもなく、信号は止まらないといけないのだけれど、途中で疲れたら、お店に入って食事をしようが、地下鉄に乗って、先に進んでもいい、何より、午後5時までに国立競技場に戻ればいい、僕のような市民ランナーにとって、

理想的な大会。


今回、20キロ地点と37キロ地点で、足がかなりひどくつり、過去最大のマラソンの魔物に襲われるハプニングもありましたが、第2回東京マラソン以来、5年ぶりに都内の主要な町を堪能できて、本当にうれしく、幸せでした。